今はIT社会の時代ですよね。色々な物が便利になる反面、人間関係が薄くなっている気がしますね。
IT社会の時代だからってわけではないかもしれないですが、でもアプリを使って特定の人物をいじめたりとか、公共の場で悪質ないたずらをして、その写真をネット上にアップしたりとか。昔みたいに、何か悪さしても怒る大人が少なくなったなと感じますね。
今は小さいときに悪さをしても怒られないから、分別がわかる年齢に達しても、やっていいものだと思って、勘違いする若者が少なからずいると思います。

でも若者からしたらそういう人ばかりじゃないって怒られそうですが、確かに真面目な若者がいっぱいいるのも事実だし、それなのにそういうふざけた少数の若者のせいで、今の若者はなっていないとか大人達から言われてしまうのは可哀想ですよね。
少なからず、どの大人達もそういう若かりし思い出があるはずなのに、きっと今の大人達が若者に注意をしなくなってしまったのも、今の時代を作った大人たちが原因な気も私はします。

ただ、私の個人的な意見なので、すみませがご了承下さい。
私は幼少期に大人達と同級生から悪質ないじめにあっていました、大人達からは無視されたり母親の居る前で悪口を言われたり、同級生からは悪口に加えて、殴られたり、蹴られたり、通学途中の歩道脇の溝に落とされたりとかもしました、私はそういうのがあると母親に言えずにいたら、参加日の日に母親が気づいてくれて、そこから学校側との戦いでしたね。

でも学校側は最初は何もしてくれなかったですが、母が戦ってくれてるうちに、少しづつ学校側も色々対応してくれて、学校にまた通えるようになりましたけど、最初は怖くて通うのも大変だったのを覚えています。でも学校側が受け入れてくれたから、よかったけどそうじゃなかったらと思うと怖いですね。
今は、幸せいっぱいで嬉しいですけどね。
この日々の幸せを感じながら毎日感謝して生きていきます。